稲積水中鍾乳洞
稲積水中鍾乳洞

歩いて探索できる神秘の洞口内

  稲積水中鍾乳洞は3億年前の古生代に形成され、 30万年前の阿蘇火山大噴火により水没し現在の形を形成しました。洞内には水中鍾乳石や珊瑚石、ベルホール、ヘリクタイトなどが 数多く見られる世界的にも珍しい水中鍾乳洞です。
  無数の鍾乳石、水深40mをこえる深渕、未知の洞奥から湧き出る清流、 その清らかな水が、千変万化の美をおりなし 水中鍾乳洞のコントラストは訪れる人たちを幻想の世界へ導いてくれます。  また、洞内の温度は一年中16度で、夏は涼しく、冬は暖かいため一年を通してすばらしい水中鍾乳洞をご覧いただけます。マイナスイオンを感じる洞内で心も体も癒されます。

水中鍾乳洞探検する

大分県位一の大観音像

稲積水中鍾乳洞
観音像 稲積昇龍大観音

大分県一の高さを誇る大観音像

  全国名水百選の白山川に黄金燦然と輝く稲積昇龍観音菩薩立像は、高さ二十二米で大分県で一番高い大観音像です。
参拝する人々を優しい微笑みと限りなき慈愛に満ちた眼差しで包み、苦しみや災難を受止め願いを叶えてくれます。
この稲積昇龍観音菩薩立像は、稲積水中鍾乳洞 兼光世治社長の宿願で、世の平穏と地域住民の無事息災を祈り、さらに参拝者の救済を願い、この地に建立開眼しました。

詳細を見てみる

大分県位一の大観音像